今夜のおかず

今夜のおかずだ、ティッシュの用意はいいか!

安定のバ韓国クオリティww 猛暑でタイヤパンク事故が多発中!!!!!!!!!

   

バ韓国塵どもは粗悪品しか作れない


猛暑によってバ韓国でのタイヤパンク事故が急増しているようです。


なんと平常時に比べ、66パーセントも増加しているんだとかwwww



屑チョン製のタイヤの品質なんてものは無きに等しいものですから、当然の結果と言えるでしょう。



しかも、タイヤパンク事故によって死亡事故も増えるという嬉しいオマケ付きです。




この猛暑が一日も長く続き、1匹でも多くの害獣が死んでくれることを願いたいものですね。



-----------------------
猛暑でタイヤパンク事故66%増加…致死率は12.3倍=現代海上火災

 本格的な猛暑が始まる中、現代海上火災保険は21日、夏の高温多湿現象に伴うタイヤのパンク件数の変化、不快指数と交通事故との相関関係を分析した研究結果を発表した。

 現代海上の交通気候環境研究所が昨年の夏(6-8月)に発生した交通事故23万3000件を分析した結果、夏の高温時に発生するタイヤパンク事故は、気温が30度以上のときが30度未満に比べ66%多かった。

 また、タイヤパンク事故の致死率は一般交通事故の12.3倍、重傷者発生率は3.4倍高かった。

 同研究所のキム・テホ博士は「気温が30度のとき路面では約70度の高熱が発生するため、熱がタイヤに伝わりスタンディングウェーブ現象(自動車が高速走行したときにタイヤの接地部分に熱がこもり、タイヤが変形してバーストする現象)が発生する」として「これを防ぐために、タイヤの空気圧を標準より10-20%ほど高め、タイヤの状態を随時チェックし、摩耗している場合は早めに交換することが必要」と説明した。

 梅雨明け後の高温多湿が運転者に影響を与えることも分かった。不快指数と交通事故との相関関係について、同研究所が2019-20年に全国の交通事故を分析した結果、不快指数が80(ほとんどの人が不快に感じる暑さ)以下のときより80超のときの事故が15%多かった。

 不快指数が80を超える日には、気温が最も高くなる午後2-4時の事故が20.7%で最も多かった。特に20代と60代のドライバーの事故が多かった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/07/21/2021072180226.html
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ



 - 事故・災害