今夜のおかず

今夜のおかずだ、ティッシュの用意はいいか!

滅びゆく害獣どもww バ韓国・30代-40代の雇用率はOECD最下位圏!!

   

バ韓国塵の惨めな末路ww


バ韓国では、30代から40代の雇用率が年々減少しているんだとか。


最も経済活動が盛んな世代なのに、無職のごく潰しが増え続けてるんですねwwww


しかも、バ韓国の30-40代雇用率はOECD最下位圏とのこと!!



文在寅というガイキチが大統領になってからというもの、

崩壊へのカウントダウンがますます早まっていますねwwww





無職ゆえ結婚もできず、婚姻しないゆえ少子化に拍車がかかる……。


害獣どもがいい感じに生息数を減らしているので、我々人類にとって歓迎すべき事態と言えます。




-----------------------
韓国の30-40代雇用率はOECD最下位圏

 「経済の要」とされる30-40代(30-49歳)の雇用率が減少を続け、昨年は経済協力開発機構(OECD)加盟38カ国のうち30位だったことが分かった。韓国経済研究院が統計庁のデータを分析して13日に発表したまとめによると、昨年の韓国の30-40代雇用率は76.2%で、ドイツ(85.8%)、日本(85.1%)、英国(85.1%)、フランス(81.9%)など主要国と大きな差があったという。

 2015年と比べると、昨年の30-40代雇用率はこれら主要国では小幅ながら上昇していたが、韓国は逆に減少していた。ドイツとフランスは0.9ポイント、日本は2.7ポイント、英国は2.1ポイント増加していた一方、韓国は0.7ポイント減少していたとのことだ。同研究院は「30-40代は企業で最も活発に働く、生産性が高い世代であり、同時に結婚・出産・育児などで社会的にも重要な年齢だ。こうした人々の雇用率が低いことは、韓国経済全体の低迷につながる可能性がある」と指摘した。

 30-40代の就業者数も2015年の1262万1000人から昨年は1171万人に減少した。業種別の就業者数を見ると、2019年と昨年を比べて、30-40代の就業者数が最も大幅に減った業種は宿泊・飲食店業で7万6516人の減少だった。次いで教育サービス(-7万1102人)、卸売・小売業(-5万3743人)、製造業(-5万406人)の順だった。

 また、求職活動をあきらめた人も大幅に増加した。同研究院が統計庁のデータを分析した結果、30-40代の求職断念者は2015年の12万9258人から2020年は17万1358人に増えたという。特に2018年からの増加傾向が著しく、2年間で年平均12%ずつ増えていることが分かった。同期間における全求職断念者の増加率(7.5%)と比べても、30-40代の数字は顕著だ。

 キム・ヨンチュン雇用政策チーム長は「最も活動が盛んな世代である30-40代の雇用不振は、韓国経済や社会の大きな損失なので、単に雇用数ばかりを増やすのではなく、30-40代が再び産業現場で活躍できるよう、質の良い雇用を創出する政策が必要だ」と語った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e01631a041ab5905a92b36191361510134b6d09d
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ



 - 政治・経済